鍼の痛みって?にお答えします

2019年09月20日(金)2:51 PM

 

みなさん初めて鍼を受けるときに、
やはり一番気になるのが、

「鍼って痛いの?」

ということでしょうか?

興味はあるけど、ちょっと怖い・・・
鍼に対して、ネガティブなイメージを持たれている方、多いと思います。

「鍼って注射みたいな感じ?」
「すごい長い太い鍼を打たれるの?」


などなど、、、
心配や恐怖心だけが先行してしまって
実際に鍼をまだ受けたことが無いって人が多いことは、
鍼灸をご提供する側としては残念でならないです。

本当にもったいない

 

もっと鍼の安全性やその効果が広まり、

鍼=ポジティブで良いイメージ

にしてもらえるようにご紹介していきたいと思います。

 


鍼を受ける時に感じる痛みには2種類あります。


1つは、鍼が皮膚に入る時の〝チクッ″とする一瞬の痛み。

2つは、鍼が筋肉に入るときに感じる鈍い刺激。
この刺激は痛みというより、鍼独特の刺激(いわゆる響き)というものです。


鍼特有の鈍く響く感覚については、
人によってはすごく気持ちいい、効いてる感じがする(*^-^*)
という人もいるし、

苦手、無いほうが良い(*_*;
と個人差があります。

最初のチクッする痛みは、それこそほんの一瞬ですし、
注射みたいにずっと痛いものではありません。

むしろ鍼が一度入ってしまえば、ほとんど感じないという人が多いです。


ごくまれに痛覚の受容体である痛点や敏感な毛穴に入るときは、
痛さを感じることがありますが、

鍼を受けた方のほとんどは、

「思ったより痛くなくて良かった」と思っていただくことが多いんですよ。


ご心配なことは、お気軽にお問合せください。


金ちょう鍼灸整骨院

0885-38-6655


  |  

交通事故治療

過去の記事

エキテン 小松島市×整体・接骨・整骨 ランキングで1位になりました (平成28年11月現在)

LINE

求人情報