ランナーに必要な筋肉って??

2017年09月21日(木)4:27 PM

こんにちは、院長の濱口です。

11月26日徳島県勝浦郡勝浦町坂本で、さかもと坂道マラソンがあります。

 

実はわたしのふるさとなんです。

 

そこで、昔懐かしの道を走ろうということで出場することにしました🎉

 

ということで、久しぶりにトレーニングスタートです。

 

そこで今日は、ランニングに必要な筋肉について少しお話していこうと思います。

 

ランニングするためにどんな筋肉が必要でしょうか?

 

主に下半身の筋肉。

 

例えば、

 

太ももの前の筋肉で大腿四頭筋、

 

もも裏のハムストリングス(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)

 

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ひらめ筋)

 

お尻の筋肉(大殿筋・中殿筋・小殿筋)

 

などがあげられます。

 

そして外せないのが体幹の筋肉(腹筋や背筋)

 

更に超重要なのが腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)です。

 

この超重要な腸腰筋ですが、実は鍛えるの非常に難しい筋肉。

 

理由は体の深部にあって意識しずらい為!

 

 

どんな筋肉かというと足を前に運ぶ筋肉です。

 

プロスポーツの業界では

「二流選手は膝から動く、

 一流選手は股関節から動く、

 超一流選手は腸腰筋から動く」

と例えられます。

 

すなわち、腸腰筋を鍛えて腸腰筋を使いこなすことこそがスポーツパフォーマンスを向上させるキー🔑であり、ランニングにおいても疲れない身体の基礎となり、ランニングスピードUPに重要な役割を果たします。

 

では腸腰筋はどうすれば鍛えることが出来るのか?

 

答えは簡単!

 

坂道をダ~ッシュ ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ(上り)

 

内容は簡単ですが超きついのは想像できますね。

 

息切れ半端ないです。(´;ω;`)

 

心臓飛び出しそうです💓

 

 

もっと簡単に来る方法!

 

実はあるんです!

 

 

それは当院に用意してます。

そう、💪楽トレです。

息切れなく、効果的に腸腰筋を鍛えられます。

ついでに腹横筋や腹斜筋の腹筋もばっちりです!

実際、💪楽トレによってトレーニングを積まれた方の感想に

「走ってると足が勝手に出始めた。」

「以前より全然疲れない」

などの感想をいただいています。

 

私も、11月26日のマラソン大会にむけてロードでのランニングに合わせて💪楽トレで腸腰筋を鍛えて行こうと思います。

 

💪楽トレをまだ体験したことがない方は是非ご相談ください。

 

驚愕の効果を体験できますよ(^▽^)/

 

その他、、骨盤の歪み・猫背姿勢など骨格の矯正もお気軽にご相談ください。

ではまた!

 

 

 

 


  |