風邪やインフルエンザは「免疫力」で防ぐ!!

2018年02月17日(土)6:20 PM

風邪やインフルエンザが猛威を振るっているこの季節。
以前より風邪をひきやすかったり、なかなか治りにくいと感じませんか?
その大きな原因は「免疫力」の低下↓です。

 

免疫力とは身体に入ってきたウイルスや細菌を免疫細胞が撃退し、
身体を守る働きのことです。
免疫力が高いと病気になりにくく、治りも早くなるといえます。

免疫力は、条件よって強くも弱くもなります。
弱くなる一因は、加齢。免疫力は20歳くらいがピークで、その後はどんどん低下。
40歳では半分にまで下がる
とされます。

また、疲れが溜まっていたり、心配ごとなどで弱っていたりすると、
免疫力の低下につながります。

 

 

【免疫力を上げる生活のポイント】

 

☆睡眠はしっかりと

「免疫は夜作られる」といわれるほど睡眠は重要!!です。
睡眠時間の確保だけでなく、睡眠の質を上げるのが大事です。
食事は寝る3時間前には食べるようにし、TV、スマホやPCなどの光も神経を興奮させるため就寝前には控えるようにしたいですね。

 

☆身体を温める

免疫力は体温が36.5℃以上で活性化されます。反対に、1℃下がると、3割低下するといいます。
普段から特に首、手首、足首を冷やさないようにしましょう。
皮膚と血管の距離が近いため、外気の影響を受けやすい場所なので、
ここが冷えると冷えた血液が全身に回ってしまいます。
対策には、ネックウォーマーやレッグウォーマーを活用するのがおすすめです。
また、一日の終わりには湯舟につかって、しっかり温めるようにしましょう。

 

☆免疫力を上げる食生活を

バランスの取れた食事は、免疫力アップの基本ですが、
積極的に取りたいのが、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品です。
腸には全身の70%もの免疫細胞が集中しています。
腸内環境を整えることが免疫力アップの近道といえます。
また、抗酸化作用の多い野菜や果物は免疫力の低下を防ぐので、併せてとると良いですね。

 

 

☆適度な運動をする

身体を動かすと血流がよくなり、リンパ球が活性化することにより、免疫力が上がります。
さらに運動を楽しんで行えば、ストレス解消にもなります。
運動の中でも特に免疫力アップでおすすめなのは、軽く汗をかく程度の有酸素運動です。
適度な有酸素運動はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させます。
「ややきついな」と感じる程度のウォーキングなどは効果的でおすすめです。
運動時間のとれない方は、テレビをみながらエアジョギングをするなど日常生活の中で工夫して続けられることをすると良いですね。

 

 

食生活や運動など日々の生活習慣を整ることで、免疫力を上げられます。
皆さんも風邪やインフルエンザに負けない身体を作りましょう!!


  |