院長挨拶

182こんにちは。院長の濱口琢也といいます。私はこれまで、老人福祉事業、整形外科医院での臨床経験、スポーツ現場でのトレーナー業と多岐にわたり活動してまいりました。年齢層も子供から高齢者まで、症状も手術後の患者様から、スポーツアスリートまで幅広く治療にあたってまいりました。そんな中、ある思いが芽生えてきたのです。それは、、、「健康を害する原因は何だろうか?そして、健康を維持していくためには何が必要だろうか?」という思いです。長年の臨床経験から私はある答えにたどり着きました。

当院にはその答えがあります。

何かしらの体調の不調を「このくらい大丈夫」と軽く考えず、ぜひご相談ください。これからの治療は対症療法(腰が痛いから腰を治療する)といったものから、いかに将来の病気を予防するかに焦点が当てられます。将来必要になるかもしれないお薬代や手術費用○○万円より、健康維持のためにあてた今の数千円のほうが痛みで苦しむこともなく、社会生活も維持できて、経済的な費用も抑えることができることが判明しています。

当院では予防医療、疾病予防の観点で患者様と向き合い、患者様の未来の健康を貯ためるお手伝いをさせていただき、患者様お一人お一人がその方らしく社会生活を送っていただけるように応援いたします。

濱口琢也

院長の経歴紹介

平成13年4月~
デイサービス運営や介護関連教育事業を行っている株式会社に就職。理学療法士として週3回、身体障害者支援施設に派遣職員として勤務する。入所者約50名に対し、身体機能訓練や日常生活動作訓練・歩行訓練を実施する。また義肢装具・車いすの申請業務を行う。そのほか 高齢者デイサービスセンターの機能訓練指導員として週2回勤務する。一日20名程度のデイサービス利用者に対して機能訓練や温熱治療・電気治療・日常生活訓練を担当した。
平成14年4月~
社会福祉法人に就職、老人保健施設の理学療法士として勤務。入所者120名およびデイケア利用者40名に対して機能訓練及日常生活動作訓練を実施。入所者の身体拘束防止委員会の一員となり入所者の身体機能と認知症の程度、およびベッド周辺環境の調査を行い、当時あまり話題となっていなかった入居者の処遇改善に向けてのいち早く取り組む。
平成16年4月~
同施設内の総括(管理職)に任命される。施設長を補佐し、施設運営と労務管理、サービス改善の職務を担った。関係省庁への書類整備、労務管理では職員の超過勤務の実態調査を行い、サービスの効率化と人材の雇用によって超過勤務の削減と職員の職場環境改善に努力した。また、おむつゼロへの取り組みを通じ入所者の自立支援を促し入所者へのサービス改善も行った。この間沢山の高齢者へのリハビリテーションを実施しつつ、痛みの本質や自らの治療理念についての考えを固めていく。
平成19年10月~
香川県の整形外科医院に就職する。リハビリテーション部部長として勤務。このころ、同県の柔道整復学科に夜間通学し、日中は理学療法士として、夜間は学生として平成22年3月にスポーツ医療学科を卒業するまで5年間にわたり就労と勉学に励んだ。整形外科医院では、入院患者19名と外来患者のリハビリテーション業務に従事する。主に運動器リハビリテーションを主として、手術後の患者のリハビリテーションや肩・腰などの慢性疼痛に対してのリハビリテーションを実施する傍ら、後進の育成に努める。
平成20年4月~
訪問リハビリテーション事業を開始し、同法人内において介護保険制度下での初の事業をスタートさせる。香川県多度津町において唯一の事業であり、自宅で悩まれていた多くの高齢者の需要を取り込み機能訓練のみならず居宅介護支援事業所への情報提供や住宅改修のアドバイスなど多岐にわたる業務を行う。
平成22年6月~
香川県立高校の野球部のスポーツトレーナーとして選手サポートを開始する。現場でのウォーミングアップ指導やストレッチング指導、トレーニングメニューつくりなど担当し、ケガの予防とスポーツパフォーマンスの向上を目的に活動を行う。更に、野球部のみならず、バレーボール、柔道、陸上など幅広いスポーツ競技の選手に指導の幅を広げケガの回復と予防など、コンディショニング方法の普及に努めた。特に姿勢や骨盤の歪みを改善することでパフォーマンスの向上することに注目し指導を行った。
平成24年10月
同クリニック内にて通所リハビリテーション事業所を開設する。関係省庁への届け出や、事業所内人員配置、サービス内容の提案等の業務を行う。短時間デイケアの先駆けとして多度津町に開設し、これまで長時間デイケアの参加に消極的だった高齢者の方々にも喜んでいただけるように開設する。
平成26年12月
サービス付き高齢者住宅建設プロジェクトに参加し、同法人の敷地内に新たにサービス付き高齢者住宅エルストを開所する。それと同時の通所リハビリテーション事業所を拡大移転する。その後もサービス付き高齢者住宅と通所リハビリテーションの運営に従事しつつ、病院のリハビリ室長として勤務する。
平成28年9月~
徳島県小松島市にて金ちょう整骨院を開設。院長として現在多数の患者様のお身体のお悩みと向き合っている。来院患者様はスポーツ少年から高齢者まで、また、産後間もない女性の方まで幅広い年齢層の患者様の治療にあたっている。

学歴および保有資格

徳島医療福祉専門学校 徳島県勝浦郡勝浦町大字三渓字平128-1

平成11年4月
理学療法学科入学
平成13年3月
同学科卒業
平成13年5月
理学療法士国家資格取得

四国医療専門学校 香川県宇多津町浜5番丁62-1

平成19年4月
柔道整復師学科入学
平成21年3月
同学科卒業
平成21年4月
スポーツ医療学科入学
平成21年5月
柔道整復師国家資格取得
平成22年3月
スポーツ医療学科卒業
平成23年9月
日体協公認アスレティックトレーナー(JASA-ATC)取得

 

accident_banner

金ちょう整骨院

住所 〒773-0001 徳島県小松島市小松島町新港35-11
受付時間 午前 9:30~13:00
午後 15:00~20:00
定休日 木曜午後・祝日・日曜日

TEL:0885-38-6655

アクセスはこちらお問い合わせはこちら